心に明かりを


共に乗り越えられる
強い明かりを


絆という明かりを


いつまでも
共に灯そう

再興へ向けて
過去―現在―未来

平成二十八年四月発災 熊本地震は熊本・
益城町・木山神宮の全てを一瞬にして
変えてしまいました。
宝暦二年(1752)江戸時代建立の
神殿をはじめ、境内の全ての建造物が
全壊するという数百年ぶりの天災で
ありました。
しかし、必ず再興するとの決意で
震災から現在の歩みを一歩、一歩、
氏子と共に進めており、
全てを組直し震災前の江戸時代の姿へ
蘇る復元事業を進めております。

詳しくはこちら

寄付について

詳しくはこちら

江戸時代中期(1752年)造営
木山神宮の歴史

歴史一覧